«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 21 | 22 | 23 || Next»

自宅サーバー構築

自宅サーバーとは、自身のパソコン(PC)をWWWサーバーとして公開することを言います。
実は普段使っているようなPC(多少古くて使わなくなったものでも信頼性を気にしなければOK)と、常時接続環境があれば、公開すること自体はそれほど難しいことではありません。耐久性等に疑問がありますが、PCのスペックはそれほど高くなくても問題ないのです。
WindowsやMacはもちろん可能ですし、WindowsXP等古いOSのマシンならレンタルサーバーで多く利用しているLinuxも無料で簡単に手に入ります。

自宅サーバーの一番のメリットは大容量を安く使えることにありますが、私はあまりオススメしません。
というのもレンタルサーバーに比べ、セキュリティや、管理に関する手間、維持費などにデメリットを感じるからです。
容量に関しても、大容量がかなり安く使える様になってきたので、ストリーミングなどを使いたい場合も、レンタルサーバーで事足りてしまいます。
維持費はPCの電力のほか室内の空調等の電気代がかかるので、費用面でもあまりメリットはありません。

逆にサーバー技術を身につけたい方には是非自宅サーバーを建てることにチャレンジして欲しいものです。

私も使わなくなったPCにCentOS(Linux)を入れて勉強がてら使ってみましたが、公開自体はその気になれば意外に簡単に出来てしまいます。

海外サーバーについて

海外特にアメリカにはとてつもないサーバーが沢山存在します
容量が1TBなんてものではありません。
月額800円程度で容量無制限転送量無制限Dreamhosthostmonster)だとか、lunarpagesBlueHost.comなどです。
桁違いなんてものではなく、数桁違うわけです。

実は海外サーバーといっても、クレジットカードやPayPalで契約し、初期設定(FTP設定やCMSインストール)さえ出来れば、後はほとんど国内サーバーと同様に操作出来るのです。
距離的な問題があり、通信スピードは数値上は不利なのですが、Youtubeがそれほどストレスなく動くように、よほどの大容量をやりとりしなければ心配するほどではありません。
サポートに関しては英語の壁はありますが、操作自体はサーバーに慣れている方なら、それほど難しくはありません。
私もWebhostingPadDreamhostなど数社のホスティングサービスを契約して、海外向けアフィリエイトサイトや、国内向けの大容量サイトを運営していますし、海外無料サーバーはいくつも使っています。利用料が非常に安い分、FTP転送など若干重いときもありますが個人で使う分には充分実用的だと思います。
ヘビーユーザーは是非安くて桁違いの海外サーバーを検討してみてください。

海外サーバーを使うときの注意点

私は10を超える海外サーバーを利用していますが、その中で経験した海外サーバーの注意点を記載しておきます。
沢山の項目があるように思われるかもしれませんが、心配させるためではなく、解決のヒントになればとまとめてみました。
私自身困ってどうしようもなくなったことは1度もありません。ほとんど国内の利用ユーザがサイトで解説をしてくれているので、検索すればほとんど解決方法は見つかりますし、サポート(チャットやメール)でも親切に教えてくれますので、是非気軽にチャレンジしてみてください。

最強スペックのサーバー

アメリカを中心に容量無制限転送量無制限マルチドメイン無制限のサーバーが増えています。

実際にはサーバーに過大な負荷をかけるサイトがあると、警告が来たり、帯域制限や、接続制限などの措置を採られることが多く、完全な「無制限」とは言えないのですが、容量が多いサイトや、複数サイトを管理したい方には頼りになる会社なのは間違いありません。(これは国内の転送量無制限を謳っている多くのサーバーも同じです)
私自身、Dreamhostが無制限プランが選択出来るようになったので契約してるのと、WebHostingPadがあまりにも安くてお得なので使っています。エックスサーバーのような早い部類ではありませんがストレスを感じるほどではなく、充分実用的です。
もちろん全ての会社を使ってみたわけでないので、実際の快適さを判断するわけにはいきませんが、スペックの比較表を作りましたので、興味のある方はご参照ください。

WebhostingPadhostmonsterDreamhostBluehostlunapagesは契約して使ってみましたがそれぞれ満足できるレベルです。
GlobatはIDのコピーを送らないといけないので使ったことが無く、HOSTMDSとHostGatorの安さに惹かれるが重いというユーザレビューが目に付きます。

エックスサーバー(Xサーバー) X20プラン



人気度 月額 初期費用 容量
人気度5 2,160円 3,240円 300GB
独自ドメイン メールアカウント PHP MySQL
1つ無料
取得・持込可
マルチドメイン無制限
発行数無制限 可(50DB)
独自ドメイン(.com、.net、.org、.info)が無料で付いてくる。非常に軽くてスペックが充実したサーバー。上級者も満足する最もオススメするサーバーです。
ドメインプレゼントキャンペーン
<150513更新>
「WordPress」の自動インストールプログラムが最新版(4.2)へ対応


エックスサーバー(Xサーバー) X30プラン

エックスサーバー

人気度 月額 初期費用 容量
人気度5 4,320円 3,240円 400GB
独自ドメイン メールアカウント PHP MySQL
1つ無料
取得・持込可
マルチドメイン無制限
発行数無制限 可(50DB)
独自ドメイン(.com、.net、.org、.info)が無料で付いてくる。非常に軽くてスペックが充実したサーバー。上級者も満足する最もオススメするサーバーです。
ドメインプレゼントキャンペーン
<150513更新>
「WordPress」の自動インストールプログラムが最新版(4.2)へ対応


コアサーバー(Coreserver) CORE-A



人気度 月額 初期費用 容量/転送量
人気度4 417円 1,000円 60GB/250GB/月
独自ドメイン メールアカウント PHP MySQL
取得・持込可
マルチドメイン無制限
発行数無制限 可(無制限)
PHP5+MySQLの快適環境を追求したサーバー。月額500円を切る価格でこのスペックは驚異的。
15日間のお試し期間あり

Pleskとは

Parallels社が開発した世界 No.1 の実績を誇るサーバ管理ツール(管理画面・コントロールパネル)で、PLESK同士のサーバーなら移転しても操作方法が共通(バージョンにより若干の違いはあります)なので安心して利用出来るようになっています。
管理画面のデモサイトはWeb750 ジャパンなどにございますので、是非体感してみてください。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 21 | 22 | 23 || Next»