«Prev || 1 || Next»

マルチドメインとは

マルチドメインとは、一つのサーバー契約で、複数の独自ドメインを利用出来るサーバーのことで、マルチドメイン対応サーバーですと、複数のドメインで複数のサイトを運営してもサーバーの契約は一つだけで済みます。

アフィリエイターや、プロジェクト・店舗など複数のサイトを運営する場合、マルチドメイン対応のサーバーは必修と言えます。

いくつかのサーバーを契約している私自身もサーバーを選択する際、必ずマルチドメイン対応にしています。

コストパフォーマンスを考えると最もオススメするのは、エックスサーバーと、コアサーバーGMOクラウド(旧アイル)です。
この3社は私も全て契約し使っていて(1社で充分なんだけど...)、とても安定していて高速な上、独自ドメイン無制限で使い勝手はとてもいいです。

個人事業主や法人契約であれば、コアよりはエックスサーバーや、シックスコア(無制限ではないですが)、お名前.comの方が、サポートなど安心できます。

Pleskとは

Parallels社が開発した世界 No.1 の実績を誇るサーバ管理ツール(管理画面・コントロールパネル)で、PLESK同士のサーバーなら移転しても操作方法が共通(バージョンにより若干の違いはあります)なので安心して利用出来るようになっています。
管理画面のデモサイトはWeb750 ジャパンなどにございますので、是非体感してみてください。

メールアカウントとは

メールアカウントとは、メールアドレスと考えると解りやすいでしょう。
例えば、サーバーを「○×▲.com」という独自ドメインで利用している場合、
info@○×▲.com、taro@○×▲.com、hanako@○×▲.comなどの一つ一つがメールアカウントとります。

正確には、アカウントはそのメールボックスを使う権利で、通常ログインIDとパスワードにより管理される。上記の例で、「taro」というアカウントを作成するなどと表現します。

サブドメインでの利用でも同様で、「kojinid.saba名.jp」などというサブドメインを利用している場合も、「taro@kojinid.saba名.jp」をメールアカウントと呼びます。

独自ドメインとは

独自ドメインとは、インターネット上の住所とも言えるURLのドメインを会社や個人が専用のものを使うことです。
ホームページアドレスの「http://(www)」の後ろ、メールアドレスの「@」の後ろを自分の好きな文字列にした自分専用のアドレスのことをいいます。
例えば、当サイトのURL「http://e-saba.com/」の「E-SABA.com」も私が取得したドメインで、この管理料(使用料)は年間1,000円弱です。

この独自ドメインを取得すると、WEBサイトのアドレスだけでなく、メールアドレスにも利用出来ます。

WEBサイトやブログを作成するのであれば、無料で利用出来るアドレスではなく、是非独自ドメインを利用してください。

私も沢山のドメインを取得していますが、それだけのメリットがあるからです。

専用サーバーとは

1台のサーバーの全領域を1人の契約者が占有して使えるサービスの事。
大容量ディスクの利用や、利用者のさまざまなニーズに合わせてカスタマイズすることが可能。

管理費用が高くなるが、自由度が高く、高機能なWEBサイト構築に不可欠。スキルのある企業が大型のサイト構築するのに向く。
共有サーバーの場合、共有者にスパマーや、アクセス数の多いサイトがあると、かなり影響を受けるが、その様な心配がなく、セキュリティー的にも安心。

VPSとは(仮想専用サーバー)

VPSとは【バーチャルプライベートサーバ】の略で、共用サーバーでありながら仮想的に専用サーバーと同等の機能与えたサーバーのことをいいいます。 サーバー環境を共有しつつも、ユーザーそれぞれが管理者としての権限が付与され、OSもそれぞれ割り当てられます。
専用サーバよりも安価に、専用サーバと同等の機能を提供できるため、各社が競って導入しています。

バックボーンとは

バックボーンとは、レンタルサーバー業者の所有するサーバーが接続されている基幹通信回線を指し、簡単に言えば、データの出入り口の太さ(大きさ)に該当します。
バックボーンは容量が大きいほど沢山のデータを一度に送受信できるわけで、サイトへの訪問者のレスポンスが良くなります。
サーバーの速度はバックボーンだけで決まるものではなく、共有者の数、サーバーの性能、LANの設計、共有利用者の使い方、アクセス状況など様々な要因があるなかの一つです。
バックボーンの容量を公開しているサーバー業者もありますが、非公開としている所も多く、一概に比較出来ないのが現状ですが、サーバー選びには重要なスペックの一つと言えます。

ただし、太ければいいと単純には言えない部分があり、その通信回線の品質・接続先・LAN環境なども重要な要素ですが、この辺りをきちんと公開している会社はかなり自信を持った信頼できる会社といえるでしょう。
接続先として下記の各社などを利用しているところが多いと思いますが、複数の接続を持っていた方がより信頼性は上がります。
また、海外からのアクセスを考えると、OCN・KDDIとの接続は非常に有利になっているのが現実です。
・OCN(NTTコミュニケーションズ株式会社)
・KDDI(KDDI株式会社)
・Yahoo! BB (ソフトバンクBB株式会社)
・IIJ(株式会社インターネットイニシアティブ)

転送量とは

転送量とは、サーバーに設置して公開しているサイトにアクセスがあったり、メールを送信したりしたときのサーバーから出入り(送受信、アップロード・ダウンロード等)するデータ量です。

単純に言えば、
転送量=ページのサイズ×ページビュー
ですが、実際にはページごとにサイズは違うし、キャッシュなどの影響により単純に計算することはできません。

転送量の監視システムが設置されているサーバーではご自身のサイトの転送量が解りますので、ページビューが数千PV/日を超える人気サイトの場合は一度調べておいた方がいいでしょう。
特に共有サーバーでは、共有しているサーバー内にアクセスの極端に多いサイトがあると、他の利用者のサイトにも影響を及ぼし、表示が遅くなる等の不具合が発生する場合があります。
それを予防する意味で規定上の転送量があった場合は、追加料金が発生するように設定されていたり、帯域制限と言って時間あたりの転送量を制限してくる会社が多いのです。

では転送量無制限のサーバーを選べば間違いないのかというと、実はそうではありません。
「転送量無制限」という表記は、「どれだけ転送量があってもOK」ということではなく、「転送量の上限は明確に設定していません」または「転送量による課金基準は設けいていません」という意味のことが多く、実際には転送量がある程度多くなると、「他のお客様に迷惑が掛かるので専用サーバーや他社のサーバーに移行してください」と連絡が来たり、利用可能な帯域に制限をかけられたり、ひどい場合には突然サーバーアカウントを停止されるケースもあるようです。
「転送量は月間10GBまで、超過分は1GBごとに***円の追加料金が発生します」と明確に表記しているサーバー業者の方が良心的と言えるかも知れません。

レンタルサーバーを選ぶ際には、転送量制限があるかどうか、もしあるのなら月に何GBまで許されているのか、そして、制限を超得た場合に追加料金がどの様に発生するのかまで必ず調べるようにしてください。
この辺りの説明がない会社は直接問い合わせたり、その様な状況になった方の報告が検索すれば沢山出てきますので、確認することをオススメします。
(転送量オーバーだと言われてから対処するのは結構大変ですよぉ)

«Prev || 1 || Next»